Less is beautiful

Menu

DIY:100yen Woodbox Remake

DIY:100均の木箱をリメイクして棚作り

DIY:100均の木箱をリメイクして棚作り

9月に新居に引っ越しをしてから買った、IKEAの棚「BILLY(ビリー)」。

その棚に合う、
奥行26cm程度の真っ白な引出式の小物入れを探してたんだけど、
なかなかピッタリサイズでお手頃なものが見つからず。。
KVISSLEレタートレイとか近いけど…)

そんな時たまたま、ダイソーで24cm×22cmの木箱(桐製)を発見!

これ。
↓↓
ダイソーの100円の木箱24×22cmをリメイクして棚作り

ということで、作ることにしました♪

まず、設計図作り。
これ大切。

ダイソーの100円の木箱24×22cmをリメイクして棚作り

多分一番難しいのは、
「どのサイズの板をどうカットしたら一番安く済むか?」
ってとこだと思うんだけど…。

このカット図は、お店で適当なサイズの板を探しながら、
店内で図を書きました。

買ったのは、木箱と同じ桐の板で、
厚さ1.3cm、サイズ50×91cmのもの。

買った板と、
この図面をそのまま店員さんに渡して、
そのままカットしてもらったのがこちら。
↓↓

ダイソーの100円の木箱24×22cmをリメイクして棚作り

1カット20円であっさりカットしてくれるので、
迷わずお願いしてよかった。。
(私の図面だと13カット必要)

次に断面をやすり掛け。

木くず飛ぶし、トゲ刺さったら嫌なので、
軍手してベランダで作業。。

ダイソーの100円の木箱24×22cmをリメイクして棚作り

上側がやすり掛け済み、下側はやすり掛け前の状態。
見てのとおり、やすり掛けはマストです。

やっと下処理完了!!

ダイソーの100円の木箱24×22cmをリメイクして棚作り

次に、組み立て前に、
バターミルクペイントで1回目の塗り作業。

ダイソーの100円の木箱24×22cmをリメイクして棚作り

バターミルクペイント、全然臭くないから、室内でも安心♪

次に組み立て。

ちなみに、
写真にドライバー写ってるけど、一切使ってません~。

桐で薄い板なので、
釘打ったら割れそうなのでやめました。

ということで、全て木工ボンドで接着して組み立て。

ダイソーの100円の木箱24×22cmをリメイクして棚作りダイソーの100円の木箱24×22cmをリメイクして棚作り

棚板替わりの棒は、
ちゃんと間隔を測って、目印つけてから接着。

組み立て後に、バターミルクペイントを数回塗り重ね。

最後に、引き出し部分の滑りが良くなるように、
クリアファイルを切ったものをBOXの左右に両面テープで貼り付け。

ダイソーの100円の木箱をリメイクして棚作り

完成~!!!

ダイソーの100円の木箱をリメイクして棚作りダイソーの100円の木箱をリメイクして棚作り

まだ引っ越ししてから色々整理できてなくて、
本棚もスッカスカな写真ですが…。

大変だったし、
材料費も決して安く済んではいないけど、
かなりピッタリサイズなので、満足~♪

You may also like♡

Please Follow Me

ブログの更新情報を発信しています。
良かったらフォローしてね♪

0 comment

コメント待ってます!

Comment

* が付いている項目は必須項目です
ただ今産休中の為、全てのコメントに目は通していますが、ご返信することができません(泣)
ですので、質問系のコメント(フォントの種類やPCやプリンターの使い方etc)はご遠慮ください。

*

*(公開されません)

CATEGORY

TAG

: