Less is beautiful

Menu

3.11 was by chance

東日本大震災。偶然履いたペタンコ靴。

東日本大震災の日、数か月ぶりに偶然履いたペタンコ靴のおかげで4時間歩くことができた

前の記事の続き…。

ただ待っているだけなら少しでも進んだ方がいいし、
途中で電車が動いたら、そこから乗ればよい。

なにより、こんな状況下で、
たやすく電車が復旧するとも思えなかった。

人でごったがえす新宿から乗るより、
人の少ない駅へ進んだ方が得策と思った。

……なによりも。

この日私はすごく運が良くて、
数か月ぶりにペタンコ靴を履いていた。

たった1足しか持っていなかったペタンコ靴。

いつも通り、朝ヒールを履いてお家を出ようとしたとき、
たまには楽しようと思って、
数か月ぶりになんとなく履いたやつ。

これなら歩ける。

靴に”歩け!”と言われているような気がしました。

仲が良かった男性同僚2人がたまたま西武線沿線だったので、
一緒に歩いて帰ることにした私。
これは心強かった~!

今でも覚えています。

道いっぱいの沢山の人達が、ただひたすら歩く光景。
3月11日は、3月なのにすごく寒い日でした。
(調べたら、最低気温は2.9℃でした)

寒すぎて途中で居酒屋で休憩したりなんかして、
ひたすら歩くこと4時間。

寒くてとてもつらかったけど、
被災した人たちの事を思うと、
こんなことで辛いなんて思っちゃいけない!
被災地の方々と比べたら屁みたいな状況なんだ!!
という思いでいっぱいでした。

上井草に着いた時に、電車がホームに停まっている光景を目にしました。

飛び乗ってみたら、電はガラ空きだった。

運が良かったんだと思う。

3月11日は情報も錯綜していて、
上井草から電車が出る事なんて、
その場にいた人たち以外誰も知らなかったと思う。

そこからは電車で新所沢まで行くことができて、
自宅に着いたのは11時過ぎ。

会社を出て6時間半。
帰宅難民の中では、おそらく早く帰れた方だと思います。

部屋の物は何ひとつ倒れていなくて、一安心。

テレビをつけてみると、
新宿駅は入場すらできないほどの人ごみ。
まだ電車も復旧しきっていない様子。

それを見たとき、
歩く決断をして良かったと、心から思ったのを思えています。

あのまま暖房効いて暖かい会社に残っていれば楽だったけど、
残っていたら帰れなくなっていたんじゃないか…と思う。

私は東京にいて、自分の家へ帰ることもままならないんだから、
いくら東北の人を心配したって、1mmも状況は改善しない。

胸を締め付けるような悲しみの中でも、
今自分が出来る事と言えば、
人に迷惑をかけずに自宅に帰ることだけ。

とにかく、今の自分に出来る事をする。

困難な状況になった時、
自分ができるベストを尽くす。

そうすれば、きっと偶然(チャンス)は自分の方へやってくる。
震災の混乱の中で、そう改めて気づかされた一件でした。

震災直後は、自分が何もできないやるせなさから、
ダイエットがてら外走ってた私(笑;

この、「何かしたい」という気持ち、
いつまでも忘れないように。

今の私に出来る事と言えば…募金くらい。
今日きっかけバス経由で募金させて頂きました。

学生さんの活動。
若い子の心に深く刺さってほしい、という気持ちを込めて。

早く東北に春がきますように。

You may also like♡

Please Follow Me

ブログの更新情報を発信しています。
良かったらフォローしてね♪

0 comment

コメント待ってます!

Comment

* が付いている項目は必須項目です
ただ今産休中の為、全てのコメントに目は通していますが、ご返信することができません(泣)
ですので、質問系のコメント(フォントの種類やPCやプリンターの使い方etc)はご遠慮ください。

*

*(公開されません)

CATEGORY

TAG

: